食品工場・店舗・施設のための除菌・衛生管理の情報メディア

通勤時の服装のルール 毎日洗濯していますか

コラム

2020/6/15

ルールを明確にする事

食品工場などで働かれる方の、通勤時の服装について、ルールを定め、教育を行っていますか。

食品関係で働く方の個人衛生での必要な項目は、

  1. 健康状態を確認してから出勤すること
  2. 毎日風呂に入り洗顔してから出勤すること
  3. 毎日清潔な服装で出勤すること

この三点を確実に従業員教育することが必要です。

健康状態は、起床時に体温を測定し、37.5℃以上無い事を確認する、下痢をしていない、手指などに怪我をしていない。同居者にも、発熱、下痢などの症状のある方がいないことを確認してから出勤すること。

毎日洗髪する、朝起きたら洗顔する事、この当たり前の事が守られていない従業員が結構いる物です。出勤時に、挨拶をすること、目を見て挨拶することで、表情を見て、服装を見て、清潔感がなければ、注意する事が必要です。あなたの工場では、毎日、従業員の目を見て挨拶している方がいますか。

毎日清潔な服装で出勤すること。この当たり前な事が、一番出来ていない様な気がします。あなたのネクタイは、何時洗濯しましたか。あなたの上着は何時洗濯しましたか。ネクタイは購入してから、廃棄するまで一度も洗濯していないことはありませんか。あなたが、工場に着てきている、上着は、季節季節でしか洗濯していないのではないですか。ズボンに使用しているベルトは、表面を殺菌したことがありますか。よく考えてみてください、私服でトイレに入り、大便をしたあと、手を洗う前にベルトに触れていませんか。ベルトの表面の殺菌は何時行っていますか。

着替え時のルール

私服を私服専用のロッカーに入れ、髪の毛をまとめ、手を洗ってから作業着に着替えることが必要です。靴下はくるぶしまで隠れる物、上着は、袖のついた下着の着用と規定します。

めがねの着用が必要な方は、めがねを洗い、着用することが必要です。めがね、コンタクトレンズ以外の装飾品はすべて外し、私服専用ロッカーにいれます。

爪の長い方は、家庭で爪を切って来ることが必要ですが、更衣室で切る場合は、私服のスペースで、透明な箱の中に手を入れ、爪を切る装置を設置します。切った爪が飛ばないような工夫が必要です。

家庭での注意事項

車通勤の方は、新型コロナウイルス等に汚染する可能性は少ないのですが、電車通勤の方は、マスクをし、空気感染してなくても、洋服に新型コロナウイルス等が付着している可能性があります。玄関の鍵を開ける前に、殺菌ジェルで手を殺菌し、鍵で玄関を開けます。ドアを開け、靴を脱いだら、帽子を取り、上着、ズボンなどを脱ぎ、玄関のクローク、ハンガーに掛けます。その後手を洗い、直ぐにシャワー、風呂に入り下着などを着替える事が必要です。忘れてはいけないのが、めがね、スマホ、財布、キーケースなど、持ち歩いている物の殺菌が必要です。特に、スマホは、表面を指で触れているので、アルコール系の殺菌剤で、表面を殺菌することが必要です。

鞄を持ち歩いている方は、玄関のクロークに鞄を置いたままにし、居間、寝室には、通勤時に使用している鞄は、持ち込まない事が必要です。鞄の中にインナーバックを入れ、インナーバックを取り出して、居間などに持ち込む事がいいかもしれません。

理想的には、手ぶらで出勤し、手ぶらで帰宅することです。

玄関と、居間の間にドアのない1Kの様な間取りの場合は、玄関にハンガーを設置し、窓際から扇風機などで玄関に向かって風を送り、空気の流れが、玄関に向かうようにするといいかもしれません。理想的には、閉鎖型のクロークの設置が必要です。

家庭での注意点

コラム

2020/6/15

関連製品Sponsored by FUJITEX

  • 次亜塩素酸水 ジア除菌 FX997

    次亜塩素酸水 ジア除菌 FX997

    アルコールが効きにくい菌にも有効!安全性が高いから、場所や素材を選ばずに使えます。

    詳細を見る