食品工場・店舗・施設のための除菌・衛生管理の情報メディア

事業所の訪問者について

コラム

2020/8/17

WEB商談が基本

最近は、飛び込み営業は少なくなってきましたが、少し前には、スルメなどの塩干物を持って、販売の営業、お菓子の営業が食品工場の事務所にも来た物です。大きな声で歌を歌い、売り込みをしていました。事務所まで、自由にさまざまな営業の方が入ってきた物です。

企業は、常に最新の科学技術で技術を進歩させていく必要があります。そのためには、情報を得るためのアンテナを常に高く上げて、情報を集めている必要があります。情報は、多く発信しているところに、多く集まると思っています。

あなたが「こんな情報が欲しい」と言うことを発信していなければ、欲しい情報は集まってこない物です。

新型コロナウイルス対策で、多くの展示会が中止になってしまっています。一カ所にいけば、世界中の情報が手に入り、セミナー等も開催されている、展示会は、新たな感染症の対策が必要になってしまいました。

あなたが欲しい情報を、あなたが欲しい原材料などを、提案する場面を、WEB上に掲載していますか。あなたが欲しい情報を持った方が、あなたに対して連絡する手段をWEB上に掲載していますか。

個人のメールアドレスを掲載している方も居ますが、WEB上でメールアドレスを自動で集めている方もいるので、連絡するための、フォームを掲載されることをお勧めします。

WEB商談に申し込んで来た方のチェック頻度はどの程度で行っていますか。

WEB上に問い合わせ窓口を設置している企業で、問い合わせに対して、自動返信連絡が来ても、その後は何も対応が取られない企業が私は多く存在していると感じています。

お客様からのクレームは、新商品開発、商品の改善のための大きなヒントになると私は思っています。お客様の声は、プレゼントと思い、直ぐに内容を確認したくなるはずです。少なくとも、WEBからの連絡の確認は、始業時、就業時に行い、一日以上連絡を遅らせない事が必要です。

あなたの事業所で求めていることは、高いアンテナで発信していますか。

発信した情報に対する、返信は、耳を澄ませて聞いて、直ぐに返事をしていますか。

新規商談は、電話、WEB商談を基本として、具体的な打ち合わせになって初めて、現場で打ち合わせを行うようにしませんか。

身分証の確認が必要

過去に、私も、自分の身分をごまかして、食品工場の現場を見た事があります。

資材、原材料の納品時に、原材料を、冷蔵庫に入れて、ついでに工場内を見た事もあります。

あなたの工場に来ている方、本当に、その会社の方ですか。例えば、防虫防鼠の業者に紛れて、ライバルの工場の方が、防虫業者の制服を着て、作業に来た場合に、どのように、防ぎますか。

海外の食品工場を訪問すると、写真付きの公的な身分証の掲示を求められます。社員証などでは、偽装が容易に行う事が出来るからです。

本当に、本人かどうかの確認を、公的な身分証で行い、健康チェックを行ってから、事務所に通します。

作業場に入らない、打ち合わせであっても、工場側の方が、私服に着替えるか、訪問者の方が作業着に着替えるかで、私服どうし、作業着同士で打ち合わせることが必要です。

作業場に入るときに、ネクタイをしたまま、白衣などを着て入場する工場がありますが、ネクタイが、もし、回転物に巻き込まれると、大きな事故になってしまいます。同じように名札などのストラップも、万が一巻き込まれたときに自動的に切れる構造の物がお勧めです。小学生の名札、ストラップなどが、遊具に巻き込まれ、死亡するなどの事故が報道されています。事故を防ぐためには、首に巻く物は、ある程度以上の力が加わった時に切れる構造の物で有ることが必要です。

作業場に入る時には、一般の作業者と同じ、作業着を着て、入場することが必要です。

あなたの工場では、私服の方と作業着の方が打ち合わせを行っていませんか。

ネックストラップはある程度の力で外れる構造のものを選びましょう。

ネックストラップはある程度の力で外れる構造のものを選びましょう。

コラム

2020/8/17

関連製品Sponsored by FUJITEX

  • 非接触温度センサー

    非接触温度センサー

    非接触温度センサーシステムを搭載した顔認識温度測定装置です。

    詳細を見る