食品工場・店舗・施設のための除菌・衛生管理の情報メディア

次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水 違いを理解して、コロナ対策を!

基礎知識

2020/6/29

新型コロナウイルスに対する消毒については、手指に対しては消毒用アルコール、物品(机やドアノブ等)には『次亜塩素酸ナトリウム』の使用が推奨されています。

一方で、アルコールを代替する消毒液として注目を集めているのが、『次亜塩素酸水』です。『次亜塩素酸ナトリウム』と『次亜塩素酸水』は名前が似ているだけでなく、両者とも漂白・殺菌・抗菌効果があるため混同されがちです。しかし、実は全く別の性質を持つものですので、性質の違いを理解し、正しく取り扱う必要があります。

今回は、『次亜塩素酸ナトリウム』と『次亜塩素酸水』について、性質や用途の違い、使用時の注意などについてまとめました。

次亜塩素酸ナトリウム

『次亜塩素酸ナトリウム』は次亜塩素酸ソーダとも呼ばれ、強アルカリ性で家庭用に販売されている塩素系漂白剤や殺菌剤(ハイターやブリーチなど)に使われています。目や肌への影響があり、使用には、ゴム手袋の使用や他の製品と混ぜないようにとの注意書きがあるなど、取扱いには注意が必要です。

厚生労働省は『新型コロナウイルス対策 身のまわりを清潔にしましょう』のポスターの中で、“食器・てすり・ドアノブなど身近な物の消毒”について、塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)を推奨しています。次亜塩素酸ナトリウムを主成分とする家庭用のハイターやブリーチなどを、濃度0.05%に薄めた上で拭くと消毒ができます。

例えば、水1Lにキッチンハイター25mL(購入から3カ月以内の場合は水1Lにキッチンハイター10mL)を混ぜることで、0.05%以上の次亜塩素酸ナトリウム液を作ることができます。

ただし、液を作る時には、換気をすること、ゴム手袋を着用すること、他の薬品と混ぜないこと(有毒ガスが発生する可能性があります)、など、取扱いには十分な注意が必要となります。

また、次亜塩素酸ナトリウムの噴霧については絶対に行なわないでください。厚生労働省は、「次亜塩素酸ナトリウムを含む消毒薬の噴霧は、吸引すると有害」と注意を呼びかけており、嘔吐などの症状を引き起こす可能性があるとされています。

次亜塩素酸水

一方、『次亜塩素酸ナトリウム』と混同されがちな『次亜塩素酸水』について。以下、『次亜塩素酸水 研究所』のWebサイトを参考に、その特性と『次亜塩素酸ナトリウム』との違いについてまとめました。

『次亜塩素酸水』は殺菌科の一種で、食塩水・塩酸を電解することで作られる水溶液(酸性電解水)です。無色の液体で、臭いのない場合と、わずかに塩素の臭いがある場合があります。『強酸性次亜塩素酸水』、『弱酸性次亜塩素酸水』、『微酸性次塩素酸水』などの種類があり、それぞれ製法・有効塩素の含有量は異なります。日本では食品添加物として指定されており、食品に使用することができます。

『次亜塩素酸水』と『次亜塩素酸ナトリウム』は似ているため、同じものと思ってしまいがちですが、『次亜塩素酸水』が次亜塩素酸を主成分とするのに対し、『次亜塩素酸ナトリウム』は次亜塩素酸イオンが主成分であり、別物です。殺菌力は、次亜塩素酸水の成分である次亜塩素酸の方が、次亜塩素酸イオンより約80倍高いとの研究結果もあります。

新型コロナウイルス予防への効果は?

『次亜塩素酸ナトリウム』が新型コロナウイルスの消毒として公的にも推奨されているのに対し、『次亜塩素酸水』の新型コロナウイルスへの有効性については、現在、検証中となっています。『次亜塩素酸水』は、塩素濃度や酸性度(pH)によって効果が変化しうるため、評価にあたっては、様々な条件での検証の必要があるとされています。

5月29日の有識者による委員会では、“今までのところ、新型コロナウイルスに対し一定の効果を示すデータも出ているが、全体として有効評価を行なう上で十分なデータが集まっていない”として、引き続き検証作業を実施することが決定されました。

また、現在行なわれている有効評価は、アルコール消毒液の代替となる身の回りの物品消毒方法の評価が目的であり、空間噴霧は対象とはなっていません。公式な見解としては、“『次亜塩素酸水』を消毒目的で有人空間に噴霧することは、その有効性、安全性ともにメーカー等が工夫して評価を行なっているが、確立された評価方法は定まっていないと承知している”とし、メーカーが提供する情報のほか、経済産業省が現時点までに得た情報に基づいてまとめた『ファクトシート』を参考に、十分に検討を行なった上で判断することを求めています。

まとめ

ここまで『次亜塩素酸ナトリウム』と『次亜塩素酸水』の違いについて書いてきましたが、重要点をまとめると下記のようになります。

  • 『次亜塩素酸ナトリウム』と『次亜塩素酸水』は全くの別物である。
  • 厚生労働省や経済産業省が新型コロナウイルスの消毒として推奨しているのは『次亜塩素酸ナトリウム』である。
  • 『次亜塩素酸水』の新型コロナウイルスに対する有効性については検証中。
  • 『次亜塩素酸ナトリウム』の取扱いについては十分な注意が必要。
  • 『次亜塩素酸ナトリウム』の噴霧は禁止。『次亜塩素酸水』の消毒目的での有人空間への噴霧についても、十分な検討が必要。

以上、両者の違いをよく理解した上で、新型コロナウイルスへの対策として、安全に活用していくことが大切です。

基礎知識

2020/6/29

関連製品Sponsored by FUJITEX

  • 次亜塩素酸水 ジア除菌 FX997

    次亜塩素酸水 ジア除菌 FX997

    アルコールが効きにくい菌にも有効!安全性が高いから、場所や素材を選ばずに使えます。

    詳細を見る