食品工場・店舗・施設のための除菌・衛生管理の情報メディア

新型コロナウイルス接触確認アプリ、陽性者との接触の可能性を7月3日から通知開始

行政・法律

2020/7/3

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症の感染者と接触した可能性について、通知を受け取ることができるスマートフォンの「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」において、この通知を受け取る機能を7月3日から開始すると発表した。

同省は6月19日、この接触確認アプリをリリースした。加藤 勝信厚生労働大臣は同日の記者会見で、このアプリについて、本人の同意を前提とした、個人情報を入れない仕組みであると説明し、「利用者が増えるということが、感染拡大の防止につながることが期待されると考えており、是非、このアプリを活用してほしい」と呼びかけた。

厚生労働省ウェブサイト「接触確認アプリの概要」

厚生労働省ウェブサイト「接触確認アプリの概要」

感染症対策では、陽性者と近接した状態で接触した、いわゆる濃厚接触者を調査し、適切な対応を行うことが重要となる。このアプリは国民の6割が利用すると効果があるといわれているが、加藤大臣は、こうしたアプリの導入は初めてであり、具体的な目標を立てるのではなく、国民の不安を払拭しながら利用者を一人でも増やしていきたいと述べた。6月30日17:00時点のダウンロード数は約481万件。

厚生労働省は、自治体や企業、NPOなど、幅広い協力を得ながら、たとえば、催し物の開催時に主催者にアプリの活用を依頼するなどにより、利用を働きかけていくとしている。

このアプリは、利用するスマートフォンによりApp StoreまたはGoogle Playからインストールできる。また、6月30日にiOS版の修正版「1.1.1」、7月1日にAndroid版の修正版「1.1.1」を配布した。公開日から1カ月間は試行版(プレビュー版)として、デザイン・機能などの修正を予定しており、最新アプリにアップデートして利用する必要がある。

プライバシーは確保、陽性者と接触した可能性を通知

このアプリでは、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、スマートフォン同士が、概ね1メートル以内で15分以上接触した状態(近接した状態)を検知して記録する。この記録は、本人のスマートフォンの中にのみ暗号化して行われる。どこで、いつ、誰との近接したかや、連絡先・位置情報など個人が特定される情報は記録しない。また、14日が経過した後に自動的に無効になる。行政機関や第三者が接触の記録や個人の情報を利用し、収集することもない。

利用者に新型コロナウイルスの陽性が判明した場合、本人が同意して、このアプリで「陽性者であること」と「他の利用者への通知」を登録する。この際に、不正な登録を防ぐため、保健所から本人に通知された処理番号の入力が求められる。この処理番号の発行が7月3日から開始される。このため、アプリの利用者は、7月3日から、陽性者との接触の可能性について、通知を受けることが可能になる。

陽性者が陽性登録を行うと、互いに分からないようプライバシーを確保して、近接した状態で接触した人に、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性が通知される。

この陽性者との接触の可能性の情報は、メイン画面でなく、本人が「陽性者との接触を確認する」を選択すると、たとえば、何月何日に何件という形で確認できる。接触の可能性の情報は、1日1回程度、更新される。接触が確認された場合、症状等に応じて、帰国者・接触者外来等への受診を案内する。

アプリの概要やQ&Aなどポータルサイトに掲載

この接触確認アプリ「COCOA(COVID-19 Contact Confirming Application)」は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に役立てるため、内閣官房新型コロナウイルス感染症対策テックチーム事務局と連携し、開発してきたもの。

動作可能なOS(6月19日時点)は、iPhone端末の場合はiOS 13.5以上、Android端末の場合はAndroid 6.0以上。厚生労働省は、このアプリについてのポータルサイトで、動作確認済の機種やアプリの概要、Q&Aなどについて掲載している。

行政・法律

2020/7/3

関連製品Sponsored by FUJITEX

  • 非接触温度センサー

    非接触温度センサー

    非接触温度センサーシステムを搭載した顔認識温度測定装置です。

    詳細を見る