食品工場・店舗・施設のための除菌・衛生管理の情報メディア

農林漁業者・食品関連事業者向け新型コロナ関連支援策、農林省がまとめて公開

行政・法律

2020/5/24

農林水産省は、農林漁業者や食品関連事業者への新型コロナウイルス感染症に伴う支援策を取りまとめたウェブサイトを開設している。

必要な支援をみつけやすくするため、他省庁のものも含め、「事業の継続」「人材の確保」などの目的別や事業者毎に整理し、「支援分野」「支援の内容」「支援の対象等」「問い合わせ先等」について掲載。また、くわしい支援内容や実施要綱などへのリンクも設けている。このほか、47都道府県が実施した休業要請等や、それに伴う主な支援策を一覧で紹介している。

目的から農林省支援策を探す

農林水産省による支援策は、下記、11テーマの目的別に掲載する。

  1. 国産農林水産物の販売を促進したい
  2. 需要減退の大きい畜産・酪農の事業を継続したい
  3. 生産現場で労働力を確保したい
  4. 経営維持・再建のための資金繰りを確保したい
  5. 価格下落に対して経営の安定を図りたい
  6. 高収益作物の次期作に安心して取り組みたい
  7. 農林水産物・食品の輸出を維持・促進したい
  8. 加工用・業務用の野菜等を安定供給したい(利用したい)
  9. 原木・水産物の在庫を一時保管したい
  10. 飲食業の需要を喚起したい
  11. 外食店舗の衛生管理を徹底・改善したい

たとえば、「経営維持・再建のための資金繰りを確保したい」場合、農林漁業者には、経営再建に必要な資金の実質無利子化・無担保化等の措置、食品関連事業には、債務保証に必要な資金の支援がある。

目的に合う他省庁の支援策を探す

他省庁による農林漁業者・食品関連事業者が活用可能な支援策は、下記、5テーマの目的別に掲載する。

  1. 事業を継続していきたい
  2. 従業員の雇用を維持したい
  3. 人材を確保したい
  4. 経営環境を整備したい
  5. 地域経済への支援

たとえば、「事業を継続していきたい」場合、中小企業等に対して、事業継続を支え再起のための支援を行う「持続化給付金」や、部品調達が困難で自社で部品を内製化する際の設備投資等を支援する「生産性革命推進事業(ものづくり・商業・サービス補助)」など、経済産業省の3つの支援策がある。

それぞれの事業者に対する支援策をチェック

また、農林水産省・他府省の支援策は、下記、事業者毎に整理して掲載する。

(1)農林漁業者
野菜・花き・果樹・茶生産者、肉用牛生産者、酪農生産者、その他畜産生産者等、米生産者。麦・豆類生産者、林業・木材産業者、漁業者・漁業者団体等・水産加工業者
(2)食品関連事業者
外食事業者、食品製造事業者、中間事業者、流通事業者、輸出事業者
(3)その他
研修機関

たとえば、外食事業者向けでは、農林水産省による、国産農林水産物を活用してデリバリー等に取り組むための新メニュー開発や、衛生管理・空気換気設備等の導入や店舗の改装に対する支援策などがある。


新型コロナウイルスの感染拡大により、畜産・花き生産者を始め、全国の農林水産業・食品産業に影響が広がっている。このウェブサイトは、こうした状況を踏まえ、4月30日に2020年度補正予算が成立したことを受け、正式にオープンした。支援策をまとめた全体版はPDFでも見ることができる。

農林水産省、新型コロナウイルスの影響を受ける農林漁業者・食品関連事業者への支援策

https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/support.html

行政・法律

2020/5/24