食品工場・店舗・施設のための除菌・衛生管理の情報メディア

PCR検査の拡充だけではNG 「感染者の効果的隔離」とのバランスが鍵 研究者が警鐘

ニュース

2020/8/4

関西大学(大阪府吹田市)の研究者らは7月20日、新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めるには、PCR検査を増やすだけでなく、感染者を効果的に隔離することこそが重要だと提言した。

この研究チーム「危機管理分析タスクフォース」は、消費者行動モデルを応用し、国内の状況に合わせた感染状況のモデル化を行うことで、感染症の蔓延を抑えるためには、PCR検査を無条件に増やすことではなく、「検査の効率的実施」と「確実な感染者の隔離を実現する医療体制の充実」のバランスが必要であることを示した。

隔離の拡大・縮小が感染症の流行の与える影響を予測

同研究チームによると、中国、欧米で用いられている伝染病の伝播を表す従来の感染モデルは、感染者はすべて隔離される前提でその重篤患者になる度合い、または死亡する危険性を推し量ろうとするもの。しかし、国内の状況を鑑みると、PCR検査を無制限に行い、結果的に膨れ上がる感染者をすべて隔離することは困難と言わざるを得ない。

出典:関西大学

図(出典:関西大学)

そこで同研究チームは、伝染病の伝播を表すSIRモデルを拡張し、感染者が隔離される状況(図中の★)をモデルの中に明示的に組み込むことで、隔離される感染者の人数の増減、それに伴う医療体制への負荷状況について、貴重な示唆を導出することに成功した(図参照)。このモデルにより隔離の拡大・縮小が疫病の流行にどう影響するかを予測することができる。

複数のシナリオによるシミュレーションの結果、感染者を隔離する割合、つまり隔離率をあげることが感染拡大を抑制する重要な要因であることがわかった。無条件のPCR検査の拡大は医療体制の負荷を急増させ、結果的に死亡率を上昇させる可能性もあるとした。

PCR検査の拡充は発生初期に効果を発揮するが、その後の確実な隔離こそが重要である。多くのメディアや論者には、PCR検査の拡大が感染の蔓延を防ぐ特効薬のように主張するものが見られる。しかし、これらの主張はPCR検査をしただけで感染者は治癒しないし、未感染者への感染も防げないという事実を軽視していると指摘する。

新型コロナウイルスの感染拡大は未知の疫病であるため、刺激的な意見やコメントに人々の不安が煽られ、正常な判断を奪われかねず、データや理論モデルに基づき、科学的なアプローチでこの伝染病に立ち向かうことが必要だとした。今後、同研究チームでは、感染第2波に向けた政策提言をまとめる予定。

危機管理分析タスクフォースとは

新型コロナウイルス感染拡大に対応する政策分析、提言を行う緊急プロジェクト。未知のウイルスに関連する社会事象を理解し、効果的な政策提言につながる理論的、実証的な研究に取り組んでいる。ビジネス、計算機科学の研究者らで構成され、関西大学商学部の矢田 勝俊教授が代表を務める。

前述のモデルやシミュレーションは、研究チームのメンバーである中西 正雄氏(関西大学ソシオネットワーク戦略研究機構非常勤研究員、関西学院大学名誉教授)の論文『PCR 検査はコロナウイルス終息の「特効薬」か』(2020年6月)を参考にしている。

ニュース

2020/8/4

関連製品Sponsored by FUJITEX

  • ソーシャルディスタンスの啓蒙に床・フロアサイン

    ソーシャルディスタンスの啓蒙に床・フロアサイン

    防滑フロアシート。屋内・屋外の床から販促。新たな広告・PRの場所として「床面」を利用されてみてはいかがでしょうか。

    詳細を見る